主催:一般社団法人 東京指定自動車教習所協会
後援:警視庁・一般財団法人 東京都交通安全協会
第15回『交通安全』川柳コンテスト
総評

今回もたくさんの応募作品を拝見して、交通安全意識の高さを再認識いたしました。作品の内容で多かったのは、最近のニュースでしばしば目にする高齢者のブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故について。そして、相変わらずの若者による暴走事故等です。
最優秀賞と優秀賞に選ばれた作品にある「あなた」は、当然のことながら年代には関係なく運転する人すべてに対しての呼びかけです。しかし、特に判断力が落ちてきた高齢の皆さまと経験の少ない若い人には心して頂きたい作品です。この「スマートに止まる」「スピードを出さない」をしっかり心に刻んでください。そして、夜間に外出するときは反射材を身につけて我が身を守ること。また、運転する側としては、夜道に輝く反射材を見逃すことなく安全運転に徹しましょう。
一般社団法人 全日本川柳協会

第15回『交通安全』川柳コンテスト 入賞作品

優秀賞

選 評

事故の原因で多いのは「スピード違反」と「前方不注意」。スピードを出し過ぎてしまうのは「早く到着したい」という焦りと、格好をつける未熟な「自己満足」です。 
余裕を持って早めに出発し「スピードを出さない」を心に刻んで安全運転をする人が勇気ある勝利者です。

最優秀賞

選 評

ブレーキとアクセルの踏み間違いは絶対にあってはならないミスですが、急ブレーキも事故の元です。
後続車も前の車が急ブレーキをかけても追突せぬよう車間距離を取ること。そして、みんなの見本になるように、「静かにスマートに止める」ように心がけましょう。

優秀賞

選 評

街灯が多い所では「運転手から見えている」と歩行者は思い勝ちです。しかし、運転手としては、対向車のライトや信号等に注意が向けられ、歩行者は隠れてしまいます。
反射材は歩行者の命を守ってくれる宝ものであり、運転手にとっては事故を防いでくれる宝ものです。


団体賞:

入選作品

応募期間:2024年4月6日〜5月7日
応募総数:14‚485句

作品選定:一般社団法人 全日本川柳協会、一般社団法人 東京指定自動車教習所協会
なお、『交通安全 川柳コンテスト』作品の著作権は、一般社団法人 東京指定自動車教習所協会に帰属いたします。
また、応募者、受賞者の個人情報及び選考の経過等は公表できませんのでご了承ください。

第1回「交通安全」川柳コンテスト第2回「交通安全」川柳コンテスト第3回「交通安全」川柳コンテスト第4回「交通安全」川柳コンテスト第5回「交通安全」川柳コンテスト第6回「交通安全」川柳コンテスト第7回「交通安全」川柳コンテスト第8回「交通安全」川柳コンテスト第9回「交通安全」川柳コンテスト第10回「交通安全」川柳コンテスト第11回「交通安全」川柳コンテスト第12回「交通安全」川柳コンテスト第13回「交通安全」川柳コンテスト第14回「交通安全」川柳コンテスト

東京都内指定自動車教習所一覧東京で免許を取るなら 東京の指定自動車教習所へ

東京で免許を取るなら 東京の指定自動車教習所へ